手術より手軽に受けられるわきが治療 多汗症ボトックス注射

わきがや多汗症の治療には手術によりわきの汗腺を取り除くと言う方法があります。根本原因が取り除かれるため、再発する心配が少ないと言うメリットがあります。しかし手術と言われると抵抗を感じることがありました。そんなときでも手軽に受けられるのがわきが治療 多汗症ボトックス注射です。

どんな治療法なのか

わきが治療 多汗症ボトックス注射ではボツリヌス菌抽出のタンパク質ボツリヌストキシンをわきに注入しています。ボツリヌストキシンによりわきの汗腺から出る汗を抑制します。ボツリヌス菌と言うと食中毒を起こす菌として知られていますが、製剤のボツリヌストキシンには毒素が含まれていません。そのためわきに注入しても安心です。

効果に持続期間がある

その代わりにわきの汗腺はそのまま残っているため、効果に持続期間があります。持続期間が過ぎるとわきがや多汗症が再発することがあるため、定期的に注入を受けることが必要です。効果の持続期間はおよそ半年から1年となっています。それ程頻繁に注入を受けることはありませんが、注入を受けるたびに料金がかかります。

軽度な場合に向いている

わきが治療 多汗症ボトックス注射は軽度な症状に悩まされている人に向いています。重度な場合は手術で汗腺を取り除いたほうが良いです。どちらが良いか分からないときは美容皮膚科クリニックなどで相談してみて下さい。ドクターから一人ひとりに合った治療法の提案が受けられます。