悩んでいるなら費用の安い剪除法という、わきが治療がおすすめです。

私は、高校2年生の頃から複数の友人に「わきがじゃない?」と言われ始めました。
運動系の部活をしていた事もあり、自分では普通に汗の臭いかな?くらいで思っていたのですが、どうやら周りの友人達には「鼻を貫く程のすっぱい臭い」と言われてしまいました。

それから、自分の臭いを人一倍気にするようになりました。
自分では、それ程臭いを感じ取る事が出来ない為、本当にこまめに脇汗を拭くようにしたり、シャツに汗が付かないよう気を付けたりしていました。

それでもやはり、臭いは出てしまっているようで、周りの人に迷惑をかけたと思います。

しかし、自分としては常日頃から気にするように心がけていたし、ケアもしていました。

正直、自分の力だけではこれ以上、どうしようもありません。

高校を卒業し、大学に行きながら、アルバイトをしコツコツとお金を貯めました。

一度、病院やクリニックで診察してもらったところ、手術で臭いが改善する可能性があると言われました。

大学に入ってからも自分の臭いが気になり、周りとのコミュニケーションを取ることも気後れしていたので、本当に治したかったのです。

それから、さらにバイトを増やし、手術代を稼ぎました。
そんな時に、両親へわきがの手術をしたいと相談した時に、両親も私がわきがの臭いを気にしている事を分かっていたようで、手術代をいくらか出してくれると言ってくれました。

私が行った手術はアポクリン腺といわれるにおいの原因となるものを根こそぎ取ってしまう手術です。

料金も思っていた以上に安く済み、20万もいきませんでした。

術後はわきの下の痛みが長く続きましたが、それも2週間もすれば、収まりました。

今では、すっかりと臭いも気にならなくなり、大学でも多くの人とコミュニケーションを取れるようになりました。

わきがは自分では気付きにくく、また周りの人間も言いにくいものではあります。

しかし、私の場合には高校の時に、言ってくれた友人達のおかげで気付くことが出来ましたし、早くに手を打つことが出来ました。

自分で治そうと行動するだけで、簡単に治せるものだと実感しています。